基礎

基礎

通常のコンタクトレンズを装着している場合には、カラコンを装着しても違和感はありません。しかし、コンタクトレンズ自体装着することが初めてであるという場合には、装着に戸惑います。目に入れるものですので、正しい知識を知った上で装着する必要があります。知識がなく、装着することで目のトラブルを起こしてしまう恐れがあります。カラコンを装着する場合には、手を清潔な状態にします。石鹸でしっかりと洗うことが大切です。利き手の人差し指にレンズを乗せて、前を向いたまま瞳に密着させます。何度かまばたきをして、違和感がなければ装着完了です。カラコンのワンデータイプであれば、一日使用する度に捨てます。しかし、2週間、1ヶ月、1年使用するタイプであれば、外した後に必ず洗浄しなくてはなりません。レンズには多くの汚れが付着しています。そのため、洗浄をして清潔な状態を保たなくてはなりません。洗浄する場合には、手を清潔な状態にしてから行います。掌にレンズを乗せて洗浄液を数滴垂らします。そして、指の腹で表と裏の両方をこすり洗いします。最後に洗浄液ですすいで完了です。洗浄したあとのレンズは、専用のケースに入れてつけ置きします。ケースを清潔な状態にするためには、3ヶ月に1回交換する必要があります。洗浄液を購入した場合にケースが入っています。眼科でも自由にもらうことが出来ます。カラコンのケアを怠ると、カラコンを装着できなくなってしまう場合があります。メガネ、カラコン両方のおしゃれを楽しむためには目の健康を一番に考える必要があります。

併用

併用

インターネットや携帯電話、スマートフォンなどが世界的に普及しています。普及することで非常に便利な世の中になりましたが、目の健康は失われています。パソコン、携帯電話、スマートフォンは光を発しています。それらが発している光を浴びることで、瞳が収縮して瞳を収縮させている筋肉が非常に疲れてしまいます。そうすることで眼精疲労を感じることになります。近年では、パソコン、携帯電話、スマートフォンの発する光を遮るメガネが販売されています。これらのメガネは、PC用メガネやブルーライトカットレンズと呼ばれています。多くのメーカーから販売されていて、光をカットする割合が異なります。レンズのカラーはブラウンがかったもの、透明の2つの種類があります。ブラウン系のレンズは、透明よりもブルーライトカット率が高いと言われています。フレームの種類も豊富なので、ファッションに合わせて選ぶことが出来ます。裸眼でも使用することが出来ますし、度入りも存在します。カラコンを装着している場合でも目を保護するためにPC用メガネを使用することが出来ます。

購入場所

購入場所

カラコンというのは、店頭とインターネットから購入することが出来ます。それぞれの特徴について紹介します。・店頭お店に直接行って、自分に合っているものを探します。お店によって取り扱っている商品が違います。多くの種類は取り扱っていません。購入する場合には眼科で受け取る処方箋が必要です、処方箋が無いと購入することは出来ません。自分に合うかその場で確認してから購入することが出来ます。購入した日から装着することが可能です。・インターネットインターネットがつながっている環境であれば24時間利用することが出来ます。パソコン、携帯電話、スマートフォンから商品を検索、注文することが可能です。実物を見ることは出来ませんが、モデルが着用しているイメージ画像を見ることが出来ます。店頭で販売されている商品と同じものでも、安価に手に入れることができることが多いです。安さの理由は、店舗運営費がかからない、流通コストを抑えることが出来るからです。その分、安く商品を提供することが出来ます。目的に応じて、自分に合っている方法で商品を購入しましょう。また、カラコンだけではなくメガネも購入しておくことで、用途に合わせて使い分けることが出来ます。

魅力

魅力

カラコンとは、カラーコンタクトレンズの略です。通常のソフトコンタクトレンズに着色されているもので、装着することで瞳の色を自由に変えることが出来ます。カラーバリエーションは非常に豊富で、ブラック、ブラウン、レッド、グリーン、ブレー、ブルーといったカラーがあります。装着するカラーによって見た目の印象を大きく変えることが出来ます。さらに、瞳よりも着色されている枠が大きいので、瞳を大きく魅せることが出来ます。瞳が大きく見えることで、可愛らしい印象を与えることが出来ます。カラコンには、度あり、度なしがあります。そのため、視力関係なく使用することが出来ます。度なしのカラコンを装着してメガネを使用する、度ありのカラコンを装着してダテメガネを使用することも可能です。カラコンを取り入れることで、自分に自信を持つことが出来るようになります。自分に合ったカラコンを装着するようにしましょう。